Gain Capital Group


外貨預金に対する....の利益

外貨預金でインフレヘッジ!

通貨安に対してインフレをヘッジする方法は?
フム、我が国の外貨準備に沿って、主要外貨を持つことです...

外貨投資に対して、よく言われる宣伝文句ですな。

為替手数料で概ね元本の2%の儲け。
そして、昨年までは金利の部分で約1.0%〜2.0%ぐらいかな?

顧客は為替リスクにさらされ、その上で、実質マイナスからの
スタート...
こりゃ、なんのリスクも持たないでこれほど儲かる?

尚、最近の国内の不動産投資の利鞘は約5.0%ほど...
これなら、不動産投資の方が堅い?
ただな〜 チョイ期間が長すぎるかな...




外貨預金

今日は、実のある話を..

むか〜し、為替レートはドルに固定でした。
その後変動相場になり、私が銀行勤務していた当時(1982年〜)は
円は220〜230円程度でした。
当時銀行顧客レートは仲値(毎朝10:00頃に決定)から上下1円の
手数料でした。

そして、現在円は100円を下回るレートになっています。
しかし、一部のキャンペーンや優遇を除けば、依然上下1円の
手数料です。

そうですね〜
絶対値が3桁から2桁になったにもかかわらず、
まだ、過去の遺物を引きずっていくんでしょうか?

バトル・ロイヤル

ネコ科は一撃必殺!
でも、犬科は大勢で敵をじわじわ追い詰めるもの
(除く:銀河伝説WEEDの必殺技、絶・天狼抜刀牙)

でも、我ら日本人は犬派が大半...

ところで、
為替は孤独なもの...

大勢でバトル・ロイヤルの中で戦っているようなものだから、
生き残るのが大変...

例えば、同じ仲間で同じポジションを取ったとして、
一人は20銭抜けたらいい、一人は30銭抜けたらいい、
そして自分は、50銭...

でも、考えてみてくれ!
ポジションを閉じた時点で一人は反対の取引をし、また一人
ポジションを閉じれば、反対の取引をした...

大勢の中では逆のポジションを取った、って見なされるかも?
一抜けた〜、ってのも案外ありかも?
(勿論、仲間は大事にネッ!)

利食い、千人力!

単一民族?

日本はいいなあ〜
四方が海に囲まれ、ひょっとして本州は他の国から一度たりとも侵略されてない?

一方、ヨーロッパではよその国が陸続き...
アジア各国もしかり。

こりゃ、うかうかしてたら国が獲られるわな...

狩猟民族たるゆえん。
一方、農耕民族たる我らは守りに無頓着。

この気質は、今もって我々に受け継がれているのかな?

買い!ってどこかで聞けば、よ〜し、あの人が言うなら買いだ!
ふむ、それは戦略ではないわな!

あなたは犬派? それとも猫派?

そもそも大昔、犬も猫も祖先は同じ。

それが平原で暮らすようになったら徒党を組んで狩をするようになった。  それが犬。

一方、我、他人には関せず、って木の上から獲物を追っていたのが
猫。

犬には当然、主従関係が、猫には一匹狼の性格が備わっていったとさ。

さて、為替では人の意見に左右されがち?
それとも、俺は俺の考えで行く?

当然、ポジションの取り方、また閉じ方も変わってくるはず...
いまいち自分のやり方が決まってない方は、もういっぺん考えてみようよ...

でも、日本人には犬派が多いかな?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。